パックを使って目元のたるみを改善

by admin
2月 18 2013 年

最近は目元専用パックも販売されています。
このような商品は、目元のたるみ改善に高い効果を発揮してくれます。
もし、日常的にパックを活用しているという方は、その商品が目元をしっかりケアできるかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。
また、目元ばかりではなく顔全体をパックすることもおすすめです。
というのも目元がたるんでくるというのは、顔全体の表情筋が弱くなっている可能性が高いからです。
この場合、目元だけではなく、顔全体がたるむ原因となるので、顔全体をケアすることをお勧めします。
それでも、特に目元のたるみが気になるのであれば、さらに目元専用のパックを行っていくと良いかもしれません。
パックは洗顔後に行います。
メイク汚れを十分に落とさないでパックを行ってしまうと、色素沈着やくまの原因となってしまいます。
簡単なパック方法としては、コットンを利用したものがあります。
コットンに化粧水をたっぷりと含ませて、そのコットンを目の周りに貼りつけ、そのまま数分ほど置きます。
このとき時間を置きすぎると、水分がコットンに吸収されてしまう結果になりますので、放置時間は5分程度にすることをお勧めします。
近年は、パックに利用する方が多いため、数枚に簡単に分けられるようなコットンも多数販売されているようです。
夜寝る前のお手入れに目もとパックを導入して、たるみ改善に努めてみるのも良いでしょう。
また、普段から眼を酷使する傾向にある方は、疲労が蓄積されると、たるみが酷くなることがありますので、目を休ませながら作業を続けるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。